リクルートが運営する「とらばーゆ」から取材を受け一般社団法人子供教育創造機構 赤井理事が「子どもたちの「自分を信じる力」を育む」と題した記事となりました。akai-201505

小学生が放課後を過ごす学童保育。

共働きの増加で需要が高まり、民間企業の参入が活発化しつつあります。

一方、消費活動的な場となりがちな「アフタースクール」とは一線を画し「子どもたちが自分で考え、決断し、行動する力を育てる場を作りたい」という想いをお伝えさせて頂いております。

「やれば、できる。学童保育事業を通し、子どもたちの自分を信じる力を育む」。これは、キンダリーの設立の理念でもあります。

▶詳細はこちらから【私の仕事Lifeの転機】